メニュー

法事・法要弁当特集TOP

法事(初七日/四十九日/一周忌/三回忌/七回忌)
の食事の流れと手順

法事や法要の際は施主からの振る舞いで、親族や縁者、ゆかりの人々と故人を偲び、心やすらかに思い出を語りあいながら食事をします。施主によっては料理店等を利用する場合もありますが、多くは仕出し料理や仕出し弁当の宅配サービスが利用されるようです。法事、法要の食事振る舞いは、通夜に始まって告別式後から、初七日、四十九日をいったん区切りとし、一周忌、三回忌を迎えるまでの間続きます。
ここでは、「お斎(おとき)」と呼ばれる法要の際のこの食事について、会場による手配の違いやお食事の流れなどを見ていきましょう。

お食事(お斎)について

法事、法要の後振舞う食事や仕出し料理を、「お斎(おとき)」と呼びます。

法事・法要の食事「お斎」の歴史

本来僧侶の食事を指しました。その後仏事の食事や料理全般を「お斎」と呼ぶようになりました。現在では、仕出し料理や仕出し弁当を利用するのが一般的です。

法事・法要の食事、仕出し料理の実際

しきたりや、施主にもよりますが、会席料理の認識で構いません。なお、仕出し料理や仕出し弁当を外注する際は、法事、法要の食事であることを伝えるほうが、互いに配慮となるでしょう。

食事をふるまう法事・法要

通夜に始まり、葬儀と告別式の後のお礼として振る舞います。続いて四十九日、一周忌、三回忌までは、遺族、親族、友人・知人と、僧侶に食事をふるまいます。七回忌以降からは控えていくのが一般的です。

お食事(お斎)の流れ

法事での食事の式次第に決まった形式はないものの、基本的な約束事や順序があります。

1

一同着席 ~ ご住職(導師)のご案内、着席。

2

施主(遺族の代表者)の挨拶。

3

ご住職、(会食にご不在の場合、上席から指名)等、献杯の言葉をいただく方を紹介します。出席者はこのタイミングで盃に酒を注ぎます。

4

献杯の挨拶
挨拶を行う人は、短い挨拶の最後に、落ち着いた声で静かに「献杯」と声をかけます。 一同は杯を静かに軽く上に持ち上げ、静かな声で「献杯(けんぱい)」と発声します。

5

出席者全員で合掌、黙祷を行います。

6

施主から「ありがとうございました。」「どうぞお食事をお召し上がりください」等の発声があってから、お弁当や食事に箸をつけます。

7

食事中は静かに落ち着いて故人の思い出を語り合う場です。場合によっては、 ゆかりの人物や遠縁の方を紹介、または自己紹介の場を設けても良いでしょう。

8

2時間未満を目安に食事を切り上げるのがベターです。 施主がお礼の言葉を述べ、お開きとなります。

最近の傾向

最近の傾向

特に都心部では、古くからのしきたりに乗っ取った菩提寺主導型の法事・法要より、家族なりのやり方で故人をしのぶ会を行う傾向にあるようです。
地域ぐるみで菩提寺とお付き合いするような関係性が薄れているのも一つの背景でしょう。
最近では一周忌までを正式に執り行い、それ以降はごく親しい身内で食事会等を行うケースが増えているそうです。そもそも葬儀そのものを家族葬という形式の「小さいお葬式」を選ぶ人も増えているようです。 ごく親しい親族や個人ゆかりのメンバーで集まる「小さい法事」には、大皿のケータリング料理とは違って、集まるメンバーの好みや年齢層を配慮して注文ができる宅配弁当が大変重宝されています。

そもそも法事・法要はパーティのように騒ぐ場所ではないため、オードブル料理等は積極的によそいにくいと感じる人もいます。 1人分の量が定まっているお弁当なら、こうした余計な気遣いも不要になります。お皿等の余分な準備も要りません。会の趣旨を考えれば、立食というのもなかなか難しいものです。 形式的な仕出し料理ではなく、故人の好きなお料理を自由に選ぶことも可能です。新しい法事・法要を検討する際は、ぜひ宅配弁当での会食も検討されてみてはいかがでしょう。

お食事(お斎)の相場

お坊さんの読経の後の食事(お斎=おとき)の金額相場は、初盆や一周忌などで、親族以外に会社関係や友人・知人なども出席する場合の金額相場は5,000~10,000円程度です。

お寺で食事まですべてを行えるところもありますが、お寺で法要だけを行い、その後食事については周辺の料亭やレストランなどで手頃な会席を利用したり、法要弁当の仕出しサービスを利用したりすることもできます。その場合、お斎代は3,000~10,000円程度です。 ただし会場がホテルの場合には8,000~12,000円程度でしょう。

三回忌以降の場合、あるいは親族だけの法要を自宅で行う場合なら、仕出しの法要弁当などで3,000~5,000円程度でしょう。※地方によって異なります。

ごちクルなら法事用宅配弁当を全国にお届け

法事・法要はな仕出し料理ではなく、故人の好きなお料理を自由に選ぶことも可能です。

エリア別の宅配弁当を見てみる

葬儀・葬式の流れと手順

葬儀・葬式の流れと手順

「葬儀」から、その後に故人を想って供養を行う「法要」までの流れを、簡単に見ていきましょう。

葬儀・葬式の流れと手順についてはこちら

葬儀・葬式の費用や相場

葬儀・葬式の費用や相場

ご読経後の食事(お斎=おとき)の金額相場や、お坊さんに渡すお礼などの目安を見てみましょう。

葬儀・葬式の費用や相場についてはこちら

法事・法要の種類

法事・法要の種類

49日目までは7日ごとに、以降は百か日、一周忌……と行う法事・法要について見てみます。

法事・法要の種類についてはこちら

法事・法要の服装とマナー

法事・法要の服装とマナー

遺族、参列者にとってふさわしい服装や最低限のマナーについて、一般的な常識をまとめました。

法事・法要の服装とマナーについてはこちら

法事・法要の食事の流れと手順

法事・法要の食事の流れと手順

ご読経後、参列者などに振る舞う仕出し弁当などの食事について、手配や予算についておさらいしましょう。

法事・法要の食事の流れと手順ついてはこちら

エリア別おすすめ商品

おすすめの特集

注目の弁当特集