食材の宝庫、うるわしの三陸。豊かな海と大地が生む逸品を味わい尽くす食の宝探し弁当。

三陸ごちそう玉手箱

店舗トップへ

三陸ごちそう玉手箱にこめた想い

みなさまからの寄付金額 1,406,817円
※石巻爆速復興弁当との累計寄付金額

寄付の実績

三陸ごちそう玉手箱は、"ぎっしりつまった東北三陸の「おいしい」を食べていただきたい"との
想いを込めて、Yahoo! JAPAN運営の東北エールマーケットとごちクルが共同開発しました。
このお弁当の売上の一部は、東日本大震災の復興支援に寄付をいたします。
お弁当を召し上がることで、生産者の経済活性化につながるだけでなく、
次世代のために活動する団体と寄付でつながることができるのです。

対象のお弁当を注文
対象のお弁当を注文

ご注文はこちら

売上の1%(※)を寄付
売上の1%を寄付
東日本大震災の復興を支援
東日本大震災の復興を支援

※売上=お弁当のご注文金額

三陸の「うまい」を詰め込んだ、三陸ごちそう玉手箱

牛そぼろご飯のごちそう玉手箱二段重

宮城を代表する高級牛・仙台黒毛和牛を、黒毛和牛独特のうま味と香味、サシの甘みをじっくり味わっていただける絶妙なブレンドで、当店オリジナルの牛めしに仕上げました。きざみ青ねぎや紅しょうがをアクセントに、様々な風味でお楽しみください。ていねいに仕上げた煮物や、魚にはとことんこだわる三陸ならではの大ぶりな厳選焼鮭など、上質なお料理を幅広く添えた大変ぜいたくなごちそう二段弁当です。

1,000円(税込 1,080円)

こだわり食材

仙台黒毛和牛

仙台黒毛和牛
宮城を代表する高級牛。
肉質の審査や格付けには、松坂牛などの日本三大和牛以上に厳しい基準が要求される。

ページTOPへ▲

塩豚カルビのごちそう玉手箱二段重

岩手産のブランド豚・岩中豚を、赤身と脂のバランスにこだわった豚肉との絶妙なブレンドで、厳選豚の塩カルビ重に仕上げました。豚肉と奥深い味わいの塩だれが、それぞれのおいしさを引き立て合い、さらに白いご飯のひと粒ひと粒に溶け込む、お重ならではの贅沢な味わいです。ていねいに仕上げた煮物や、魚にとことんこだわる三陸ならではの大ぶりな厳選焼鮭など、上質なお料理を添えた大変ぜいたくなごちそう二段弁当です。

1,000円(税込 1,080円)

こだわり食材

岩中豚

岩中豚
岩手で誕生いらい約半世紀、数々の品評会をはじめ有名シェフや高級飲食店に絶賛されているブランド豚肉。

ページTOPへ▲

石巻産炙り金華〆サバのわっぱめし

幻のサバとも呼ばれるブランド魚、金華サバ。「醤油を弾く」というほどすばらしい脂ののりを、特製のお酢でまろやかに〆たのち、さらに香ばしく炙って仕上げました。肉厚な身から、じわっと旨みがあふれます。

834円(税込900円)

こだわり食材

金華サバ

金華サバ
宮城・金華山海域で漁獲される真サバ。三陸でも最も良質な漁場で生育するため、脂ののりが良く肉厚で大型。

私が加工しました

金華〆サバの加工者 千葉さん

金華〆サバの加工者
千葉さん

ページTOPへ▲

会津地鶏のわっぱめし

会津地鶏の引き締まった赤身の歯応えとコクのある自慢のささみを楽しめる商品です。磐梯山の風で育った健康鶏の味わいを余さずご堪能ください。

926円(税込1,000円)

こだわり食材

会津地鶏

会津地鶏
全国に約30種ある地鶏の中でも、筋肉質の赤身と上質な脂肪に優れた、会津古来の鶏の血統を継ぐ地鶏。

私が生産しました

会津地鶏の生産者 菅野さん

会津地鶏の生産者
菅野さん

菅野さんのコメントを見る

ページTOPへ▲

イラコ穴子のわっぱめし

高級魚に例え「沖はも」とも称されるイラコ穴子。独自開発の火入れ法で、お弁当でもふっくらやわらかく香ばしい味わいを引き出しました。江戸時代から続く専門店特製のたれをからめて仕上げた逸品です。

926円(税込1,000円)

こだわり食材

イラコ穴子

イラコ穴子
三陸を中心に漁獲されるアナゴの一種。本品では特に石巻港で水揚げのイラコ穴子から厳選したものを、独自の工程でさらに食感と風味良く仕上げて使用。

私が加工しました

イラコ穴子の加工者 千葉さん

イラコ穴子の加工者
千葉さん

ページTOPへ▲

がんばっぺ東北!! 焼鮭はらこ飯

宮城県に伝わる郷土料理「はらこ飯」を当店風にアレンジした商品です。かつて伊達政宗が漁場視察の際に地元漁師より献上され味わった料理が、この「はらこ飯」とされています。脇役として彩りを添える煮物、しば漬とともに、伊達政宗も愛したという漁師飯をぜひお楽しみください。

556円(税込600円)

こだわり食材

秘伝の味付けとひと手間

秘伝の味付けとひと手間
宮城県出身の料理長が仕込む、こだわりの“甘辛醤油だれ”を使用し、丹念に漬け焼きしております。
地元では炊込みごはんの上に、いくらと醤油ベースの甘辛に煮上げた鮭を盛り付けるのが定番ですが、当店ではあえて、こだわりだれで“漬け焼き”した鮭をトッピング。ひと手間くわえることで香ばしい香りと風味を楽しんでいただける逸品となっております。

ページTOPへ▲

がんばっぺ東北!! たかたのゆめと9種おかず幕の内弁当

お米は「たかたのゆめ」を使用。おかずには、焼鮭、焼売、唐揚げ、だし巻き玉子、コロッケ、磯辺揚げ、きんぴら、しば漬、梅干の全9種を盛り込んだ大満足のお弁当です。陸前高田の大地が育んだゆめのカタチをご飯がすすむおかずと共にご賞味ください。

519円(税込560円)

こだわり食材

たかたのゆめ

たかたのゆめ
陸前高田市で生まれた、陸前高田市だけで作られるお米です。
瓦礫に埋もれた海水まみれの地からあきらめかけた米作りを復活させたのは、たくさんの人々の復興を願う想いと
「たかたのゆめ」でした。
つややかでやさしい甘みと味わいであらゆる具材との相性がよく、大粒でしっかり粒感があるので冷めても食感が変わらないという特徴が評価され、2015年には一般社団法人おにぎり協会より「認定第一号」のお米に選ばれています。

ページTOPへ▲

がんばっぺ東北!! たかたのゆめの海苔弁当

お米は、岩手県陸前高田で震災後作付けされ、復興のシンボルとして近年大注目の「たかたのゆめ」を使用。この「たかたのゆめ」に、おかかと大判の海苔を合わせ、白身フライと磯辺揚げをどーんと盛り付けました。箸休めの玉子焼きやきんぴらもしっかり味で「たかたのゆめ」がよく進みます。ぜひご賞味ください。

454円(税込490円)

こだわり食材

たかたのゆめ

たかたのゆめ
陸前高田市で生まれた、陸前高田市だけで作られるお米です。
瓦礫に埋もれた海水まみれの地からあきらめかけた米作りを復活させたのは、たくさんの人々の復興を願う想いと
「たかたのゆめ」でした。
つややかでやさしい甘みと味わいであらゆる具材との相性がよく、大粒でしっかり粒感があるので冷めても食感が変わらないという特徴が評価され、2015年には一般社団法人おにぎり協会より「認定第一号」のお米に選ばれています。

ページTOPへ▲

生産者の声 ~地鶏への想い~

会津地鶏の生産者 菅野さん

会津地鶏の生産者
菅野さん

会津地鶏とは古来より会津地方で飼育されていた日本固有の地鶏のことをいい、その歴史は450年以上と言われています。

会津の昼夜の寒暖差と清流に育まれた土地で会津地鶏は通常のブロイラー鶏の倍の手間ひまをかけて飼育されていました。会津地方で広く飼われていた鶏なのに海外の生産効率の良い(少ない飼料で大きく育つ)鶏が飼育されるようになり、昭和後期には生産農家が合計5軒までに激減するようになりました。そうした中で、会津地鶏を絶滅寸前の所から守ったのが福島県です。

生産者の声 ~地鶏への想い~ 生産者の声 ~地鶏への想い~

会津地鶏を福島県が保護し、繁殖を行い、より良い地鶏とする為に改良を重ねた結果、今では福島県を代表するブランドとして販売出来るようになるまでなった地鶏(宝)です。白虎隊の戦いの地「戸野口原」にある当社では会津地鶏をさらに安心安全に召し上がっていただく為に、国産玄米を中心とし約84種類の善玉菌を配合した会津地鶏専用の飼料を与え健康な肉質を作り上げています。

会津地鶏の肉質は赤みが強く、コク・旨味に優れ、甘みのある脂が特徴で、どんな調理でも鶏本来の旨味を堪能して頂くことができます。会津の歴史と供に継承されてきた福島県が誇る伝説の会津地鶏を全国の皆様に食べて頂きたいと心の底から思っています。皆さん「会津地鶏の鶏ずくしわっぱめし」是非食べてくなんしょ!!

※福島との架け橋を目指す「福島に”つながる”弁当」と連携し、生産者の物語をFacebook上でご覧になれます。

会津地鶏の生産者菅野さんのこだわりが詰まったお弁当

寄付について

みなさまからの寄付金額 1,406,817円
※石巻爆速復興弁当との累計寄付金額

利用企業・団体の紹介(石巻爆速復興弁当を含む)

寄付実績のご報告

※今後も順次、復興支援のために寄付を続けていきます。

ページTOPへ▲

ページトップへ