お食い初め特集TOP

端午の節句

日本で古くから行われている年中行事の中で、季節の節目の「節句」には5つ、あります。
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句、「初節句」を差すのはその中の2つで、3月3日の「上巳(じょうし/じょうみ)」と、5月5日の「端午(たんご)」です。男の子の節句とされているのは「端午」です。
赤ちゃんの健やかな成長と、末長い健康と幸せを祈るお祝い事で、5月5日に鎧兜や武者人形を飾り、こいのぼりをあげてお祝いします。

男の子の初節句について

男の子の場合、「生後、初めて迎える5月5日」にするお祝いを、初のお節句「端午の節句」といいます。5月5日の「子どもの日」に鯉のぼりや兜を飾り、血縁の親しい人と一緒に自宅で、赤ちゃんの元気な行く末を願う「お節句会」でお祝いします。たとえばマンションやアパート住まいで、飾るスペースや環境が不自由な場合は、兜だけを飾るのでも十分です。

兜また最近は、産まれた後の1~2カ月の間に節句が重なった場合、次の年を初節句とするようです。
とにかく、日本古来のしきたりを順守する、土地の習慣に正しく学ぶ、そのおうちの前例を厳しくなぞろうなどとしすぎて、終わったらぐったり、などということがないよう、家族でかわいい赤ちゃんの成長と現在を喜び、将来に期待するおめでたいイベントととらえて、楽しむ気持ちが大切です。

なぜ「5月5日」に男の子のお祝いなのか?

「端午」は月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味。なので、もともと「毎月5日」であり、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じことから、やがて転じて5月5日のことになったとも伝えられます。
もともとは中国のしきたりで、奈良時代・平安時代と、「薬草を丸く固めて飾りつけた薬玉(くすだま)を送りあう」習慣が端午の日に宮廷で行われていました。端午の節句の日には、宮中に菖蒲を髪に飾った人たちが集い、天皇から薬玉を賜る行事が行われていたといいます。

やがて鎌倉時代の武家政治の頃、武士のあいだでは菖蒲と音の合った尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになりました。 江戸時代、5月5日は徳川幕府の重要な「式日」に制定され、大名、旗本が将軍にお祝いを奉じるために式服で江戸城に参るようになりました。 また、将軍に男の赤ちゃんが生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。 このような時代の変遷のなかで、もともと、中国で行われていた「薬草を摘んで邪気をはらう」という端午の行事が、「男の子のお祝い」へと変わっていったと考えられます。

鯉のぼりそしてこの風習は広く一般の人々にまで広まっていきます。 はじめは民家の玄関前に幟や吹き流しが立てられていたのが、厚紙で作った兜や人形、紙や布に書かれた武者絵などが飾られるようになっていったのです。 さらに、町人のあいだでは武家の幟に対抗して「鯉のぼり」が飾られるようになりました。

端午の節句の豆知識

端午の節句にちまきを食べる風習
――中国、戦国時代。陰謀によって失脚し国を追われた末、故国の行く末に希望を失い川に身を投げた詩人であり政治家に、屈原(くつげん)という人がいました。人々に信望の篤かった人のようです。日本で現在、端午の節句にちまきを食べる風習は、もともと中国でこの屈原の命日である5月5日に、人々が彼が身を投げた川に供養としてちまきを投げ入れたことに由来していると言われています。 また、5月5日にちまきと並んで柏餅を食べるのは、柏という植物が「新芽が出るまで古い葉が落ちない」ことから、「家系が絶えない」と縁起をかついだことからのようです。
「武者飾り(鎧兜など)」や「こいのぼり」
ともあれ、赤ちゃん誕生後初めての節句、赤ちゃんが男の子の場合は誕生後初めての5月5日には、できれば両家の祖父母なども一緒に楽しくお祝いしたいものです。 ちなみに古来からの慣わしでは、端午の節句に飾る「武者飾り(鎧兜など)」や「こいのぼり」は、女親側の実家から贈られる習慣の地域が多いようです。 ただ、鎧兜などはとかく高価な品物。最近は、武者飾りはこちらの実家から、こいのぼりはこちらの実家からというように両家で話し合って分担するケースが多いようです。 そしてそもそも、パパとママと赤ちゃんが実際に暮らしている住まいの事情によっては、大きな鎧兜を飾るのは無理(しまっておくのも、収納スペース的に)、ということもありますから、贈られる前によく相談したほうがよいでしょう。
端午の節句にまつわる迷信
五月飾りには、片付けるのが遅れると「結婚が遅れる」というような言われもありません。五月飾りを出す時期は、4月以降であればいつでもよいですし、片付けるのも5月5日を過ぎれば、いつであってもとりわけて問題はないようです。ただ、こういう行事は地域によって行われ方が違うものですので、お住まいの地域の特別な慣わしがもしもあれば、それに従うのが前向きかつ無難でしょう。
お祝いのお食事会
お祝いの食事会には、まずはお祝いの「お赤飯」、元気にまっすぐ育つように「たけのこ」、定番の「おめでたい」鯛、穴があいていることから、人生の見通しが良いとのゲンをかついで「蓮(はす)」、健康でまめに働けるよう「豆」などが入ったメニューがよいでしょう。鯛が手に入らなければ出世魚のブリやスズキ、エビでもよいようです。細かい決まりごとに従ったレシピが面倒ならば、プロにまかせて宅配サービスの「お祝い膳(お子様用)」などを利用、大人用には通常の仕出し弁当を注文するのもよいでしょう。なによりもお母さんもキッチンに立ったりせず、全員座って、おいしくて見た目も美しいプロのお料理をいただけます。
まとめ
  • ・誕生後1~2カ月の間に5月5日が来た場合、次の年に初節句として端午の節句のお祝いをしてもよい。
  • ・伝統や習慣に厳格になりすぎず、お祝いの気持ち優先で。そのおうちらしい方法で行いたいもの。
  • ・お祝いの食事には「お赤飯」「たけのこ」「鯛」が定番、ママも座って楽しめる、仕出し弁当の宅配サービスの利用も手。
お食い初めのことなら、お食い初め.jp。ご自宅でできるお食い初めセットを、全国にお届けします。

注目の弁当特集

ごちクル厳選弁当

ごちクル厳選弁当

ごちクルが自信をもっておすすめできる厳選弁当をご紹介します。

高級弁当特集

高級弁当特集

失敗できない接待や重要な会議などで人気の高級弁当!大事なお客様へのお弁当を配達します。

有名シェフ監修・有名店のお弁当

有名シェフ監修・有名店のお弁当

ミシュランの星を獲得しているお店や行列のできるお店、有名シェフなど、話題のお弁当をお探しの方必見です!

ごちクル限定ブランド特集

ごちクル限定ブランド特集

ごちクルでしか注文できない限定店舗をお届けエリア別にご紹介します!

上半期ランキング2021

上半期ランキング2021

2021年上半期に人気があったお弁当店舗を「総合」「ジャンル別」「新人賞」のランキングで発表!

秋の弁当大収穫祭2021

秋の弁当大収穫祭2021

食欲の秋!食べ物が美味しくなるこの季節に楽しめる、旬の食材を詰め込んだ贅沢なお弁当を集めました!

オンライン飲み会やイベントにピッタリ!ごちクル deli BOX

オンライン飲み会向け食事宅配サービス「ごちクル deli BOX」

「ごちクル deli BOX」は、オンライン飲み会やイベントにピッタリの個別配送可能なオードブルです。

【2021年版】忘年会・納会・パーティーのオードブルデリバリー・ケータリング特集

【2021年版】忘年会・納会・パーティー特集

少人数パーティー向けのコロナ対策オードブルメニューや個別配送可能なオンライン対応メニューをご紹介します。

【ごちクル メモリアル】法事・法要の弁当&仕出し

法要・法事弁当・仕出し特集

故人を偲び、思い出を語りあいながらするお食事に最適なお弁当・仕出しをご用意しています。

ページTOPへ
公式SNS