お食い初め特集TOP

桃の節句

「節句」は古くからある季節の節目の年中行事で、5つの節句があります。
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句、「初節句」を差すのはその中の2つで、3月3日の「上巳(じょうし/じょうみ)」と、5月5日の「端午(たんご)」です。女の子の節句とされているのは「上巳」で「桃の節句」(または「ひな祭り」)と呼ばれています。赤ちゃんの健やかな成長と、末長い健康と幸せを祈るお祝い事です。女の子は3月3日の桃の節句に雛人形や菱餅、桃の花、菜の花、白酒を飾ります。
マンションやアパート住まいで飾るスペースや環境が不自由な場合は、夫婦雛だけ飾るので十分です。また最近は、産まれた後の1~2カ月の間に節句が重なった場合、次の年を初節句とするようです。

女の子の初節句について

女の子の初節句は「生まれてから初めて迎える3月3日」に行います。
雛人形を飾り、3月3日当日または前日(その場合「宵節句」といいます)に、おじいちゃまおばあちゃまなど親しい人を自宅に」招き、その子の健やかな成長を願う「お節句会」でお祝いします。

基本的に初節句は一生に一度だけの行事ですが、生後まもなく(生後3カ月くらいまでに)3月3日を迎えてしまい、まだ雛人形が用意できていないとか、お食い初めが済んでいない、などという場合、翌年に繰り越すか、とりあえず形式だけでも初節句をお祝いして、翌年にもう一度お祝いを楽しむ、といったご家庭もあるようです。

赤ちゃん行事では、古来のルールを順守する、しきたりを厳格になぞる、を実行しようとするあまりに、楽しいお祝いの機会がストレスいっぱいになってしまっては本末転倒。 「こうでなければならない」という厳密さは忘れ、とにかくみんなで赤ちゃんの成長をお祝いすることが大切。そのおうちならではのやり方、パパやママらしい方法とアイディアで楽しむ「イベント」ととらえて、思い出に残してはいかがでしょう。

ひな祭りの由来

流し雛桃の節句の由来は、季節の節目に入りやすいと考えられていた災いをもたらす邪気を厄払いする行事であり、その歴史は平安時代にまでさかのぼります。
当時、上巳の節句は3月上旬の巳の日に行われていて、現在のように3月3日に固定されているわけではありませんでした。その日は野山で薬草を摘んで、それで体のけがれを祓って健康を祈願し、厄除けをしていました。

ひな人形そしてこの行事が色々なやり方で行われていくうちに、紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、やがて自分の身代わりで厄災を引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」に発展することになります。室町時代にはこの節句は3月3日に行うことが定着し、その頃には紙の人形ではなく、宮中に豪華な雛人形を飾って盛大にお祝いするようになりました。

ひな祭りについて

現在では、お七夜やお宮参りと同様、ひな祭りも難しい由来などは考えず、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いするものとして、気軽に楽しむイベントになっています。
豪華な七段飾りの雛人形セットでなくても、お内裏様とお雛様のセットや、折り紙でつくったもの、手作りした人形でも、大切なお嬢さんが健やかに育つようにという気持ちがこもっていれば何でもOKです。

雛人形は子供を厄災から守ってくれる存在とされているので、節句の前日にあわてて飾るのは「一夜飾り」と言って縁起が悪いといわれています。
雛人形を飾るのに最適な日は、草木が芽生える頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされてきた「雨水(うすい)の日」といわれる2月19日または20日。この頃に、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるので「雨水」。この日に飾れば、その子が長じて良縁に恵まれるとされます。

写真を撮りましょう!

最初の飾り付けの際、しまう前にぜひ、写真を撮っておきましょう。これは、次の飾り付けのときに飾り方を忘れないようにするためです。足りない部品がないかどうかのチェックにも使えます。撮った写真はプリントして、お雛様と一緒に保管しておくと良いでしょう。
もしもお人形を一体だけなくした、壊した、といった場合も、単体で購入できる場合がありますので、購入店などに相談しましょう。

湿度と直射日光は避けましょう!

雛人形を飾る場所は、昔ながらの日本家屋ならお座敷、床の間などですが、現代では家屋の形態も間取りも多種多様。事情は千差万別ですから、とにかく「高温多湿の所と、直射日光に長時間さらされる場所は避ける」という2点だけに留意すればそのおうちらしい場所でかまいません。
お人形の衣装は絹でできていることが多いのですが、この絹にとって最もダメージが大きいのは、湿度と直射日光(紫外線)です。湿度はカビや虫食いの原因に、直射日光は変色の原因になります。
加湿器の場所を考えるとか、カーテンをうまく利用するなど、ちょっとしたことでも効果はありますので、工夫してみましょう。

桃の節句と豆知識

男雛、女雛の並べ方は古式と新式で違う
古来の日本文化では、男雛は向かって右、女雛は向かって左とされてきました。
現在でも、京都を中心に関西地方では、向かって右・男雛、向かって左・女雛が主流ですが、それ以外の地域では、昭和以降、向かって左・男雛、向かって右・女雛が主流の地域が多くなってきました。「新式」の由来は、昭和天皇の即位式の際の並びに従ったとか、西洋式にならったなどと諸説ありますが、定かではありません。
雛人形を片付ける時期
雛人形をしまうのが遅れるといわゆる「行き遅れる」「婚期を逃す」などという迷信もあるため、節句の当日、または翌日には片付けるむきが多いようです。
ですが、中にはお雛様を後ろ向きにすることによって、「眠っていらっしゃる」「お帰りになった」として、片付けるのは多少遅くても大丈夫、とする地域もあります。 季節感のこともあるので、遅くとも3月中旬には片付けるのがけじめとしてはよいでしょう。
お食事について
お祝いの食事会のメニューは、ご存じのとおり「ちらし寿司」や「はまぐりのお吸い物」が定番で、主菜には縁起のよい海老や鯛の焼き物などがよく出されるようです。
宅配サービスの「お祝い膳(お子様用)」を利用し、大人用には通常の仕出し弁当を注文するのも便利です。せっかく赤ちゃんのためにみんなで楽しく過ごすおめでたい日に、まだまだ赤ちゃんのお世話で大変なお母さん(お父さん)がお祝い料理の準備でさらに疲れきってしまい、ストレスをかかえて当日、楽しく過ごせないのは実に本末転倒ですから。
まとめ
  • ・誕生後1~2カ月の間に3月3日が来た場合、次の年に初節句として桃の節句のお祝いをしてもよい。
  • ・伝統や習慣に厳格になりすぎず、お祝いの気持ち優先で。そのおうちらしい方法で行いたいもの。
  • ・お祝いの食事には「ちらし寿司」や「はまぐりのお吸い物」が定番、ママも座って楽しめる、仕出し弁当の宅配サービスの利用も手。
  • ・男雛、女雛の並べ方は古式と新式で違う。
お食い初めのことなら、お食い初め.jp。ご自宅でできるお食い初めセットを、全国にお届けします。

注目の弁当特集

ごちクル厳選弁当

ごちクル厳選弁当

ごちクルが自信をもっておすすめできる厳選弁当をご紹介します。

高級弁当特集

高級弁当特集

失敗できない接待や重要な会議などで人気の高級弁当!大事なお客様へのお弁当を配達します。

有名シェフ監修・有名店のお弁当

有名シェフ監修・有名店のお弁当

ミシュランの星を獲得しているお店や行列のできるお店、有名シェフなど、話題のお弁当をお探しの方必見です!

ごちクル限定ブランド特集

ごちクル限定ブランド特集

ごちクルでしか注文できない限定店舗をお届けエリア別にご紹介します!

年間ランキング2021

年間ランキング2021

2021年に人気があったお弁当店舗を「総合」「ジャンル別」「新人賞」のランキングで発表!

秋の弁当大収穫祭2021

秋の弁当大収穫祭2021

【この特集は終了しました】食欲の秋!食べ物が美味しくなるこの季節に楽しめる、旬の食材を詰め込んだ贅沢なお弁当を集めました!

オンライン飲み会やイベントにピッタリ!ごちクル deli BOX

オンライン飲み会向け食事宅配サービス「ごちクル deli BOX」

「ごちクル deli BOX」は、オンライン飲み会やイベントにピッタリの個別配送可能なオードブルです。

【2022年版】新年会・懇親会・パーティーのオードブルデリバリー・ケータリング特集

【2022年版】新年会・懇親会・パーティー特集

少人数パーティー向けのコロナ対策オードブルメニューや個別配送可能なオンライン対応メニューをご紹介します。

【ごちクル メモリアル】法事・法要の弁当&仕出し

法要・法事弁当・仕出し特集

故人を偲び、思い出を語りあいながらするお食事に最適なお弁当・仕出しをご用意しています。

ページTOPへ
公式SNS